• ホーム
  • スーパーPフォースは勃起不全と早漏を同時に改善

スーパーPフォースは勃起不全と早漏を同時に改善

スーパーPフォースは、EDの症状を改善し勃起を逞しくするのと同時にPEという早漏の症状を改善する医薬品です。
射精に至るまでにかかる時間が約3倍から4倍ほどになると言われていて、PEの症状を防止する効果だけではなく、ED治療薬に配合されているのと同じ成分であるシルデナフィルも含まれているので、硬く勃起するようになります。
男性にとって早漏の症状は恥ずかしいと感じてしまう深刻な悩みの1つです。
スーパーPフォースを服用して射精に至るまでにかかる時間を延ばして、パートナーにとっても充実した性生活を送ることが可能になります。
そしてスーパーPフォースには、早漏に有効な成分であるダポキセチンが配合されていますが、この成分の働きによって射精するまでにかかる時間を大幅に延長させることができると言われています。
ただし人によって差があるというのも事実で、射精するまでにかかる時間が、約1.5倍から2倍ほどしか延びなかったという人もいます。
しかし性交渉全体にかける時間のことを考えると、それだけの効果しか得られなかったとしてもパートナーを満足させられる可能性は大幅に高まるのです。
その上に、このスーパーPフォースはシルデナフィルという成分が配合されているので勃起したペニスを充分な硬さにする効果を得ることができます。
その効果のお陰で服用した本人も性交渉の相手であるパートナーも性交渉の満足感が大幅に高まる効果を得ることが期待出来るのです。
その上に射精してからペニスが再び回復するのが早いので、人によっては2度目の性交渉を行うこともできるようになります。
結果的に性交渉にかける時間は、スーパーPフォースを服用していないときと比較すると、約3倍から4倍ほど長くなるとされているのです。
またスーパーPフォースは服用してから、およそ1時間ぐらいで効果が出てきます。
そのため性交渉を始める予定の、およそ1時間ぐらい前に服用しておけば問題ありません。

スーパーPフォースの副作用に気を付けよう

スーパーPフォースはシルデナフィルとダポキセチンが主成分となっています。
これらの成分に対してアレルギー症状を引き起こしてしまう人は服用することができません。
そして未成年の人や高齢者の方、普段から医薬品を服用していたりサプリメントを摂取している人が一緒にスーパーPフォースを服用することにより健康被害を引き起こす可能性があります。
そのためスーパーPフォースを服用することを検討する場合に併用することが禁じられている医薬品に当てはまるかどうかが分からないときには、お医者さんに相談することが必要です。
主要なED治療薬に配合されているシルデナフィルという成分は、血管が広がって血液の流れが改善される働きがあります。
その成分の副作用として顔が火照ってしまったり、めまいがしたり、目が充血したりすることがあります。
他にも胸やけがしたり、腰痛を引き起こしてしまうこともあるのです。
しかし、これらの副作用の症状は軽度な症状であり、ある程度の時間が経過すると治まってしまうものが、ほとんどになります。
ただし身体の調子が優れなくなった場合は性交渉は無理に続けようとしないで安静にしておくことが必要です。
一方、でPEの症状を防ぐ成分であるダポキセチンの働きが原因によって引き起こされるとされている副作用は下痢や胃もたれ、吐き気、頭痛、だるさなどが挙げられます。
中でも下痢を引き起こすという人は少なくありません。
頭痛があまりにもひどいというときには、頭痛薬を一緒に服用して対処しることもできます。
もしも副作用が引き起こされたときも、およそ4時間から6時間ぐらい症状が治まるような場合は特に健康に支障を来たさないとされています。
しかしそれも人によって差があるため、少しでも危ないと感じた場合は冷静に落ち着いて対処することが必要です。