• ホーム
  • スクイーズ法で早漏改善ができる

スクイーズ法で早漏改善ができる

気持ちがいいのが我慢できなくて、あっという間に射精をしてしまう早漏の状態は、男性の自信の喪失につながってしまう可能性があります。
気にしないという人もいるかもしれませんが、女性とよい感じになった時にパートナーを満足させることができないということは、無意識のうちにプレッシャーになってしまっていることも多く、早漏が原因でEDになってしまうというケースもあるのです。
早漏を改善する方法としてスクイーズ法というものがあります。
スクイーズ法は海外の研究機関で実施実験を行った結果、かなり効果が高いと報告されている方法です。
早漏の改善と聞くと、PC筋を鍛えたりペニスを鍛えて強くなるといったイメージがあるかもしれません。
スクイーズ法はペニスではなく、脳に働きかけることで射精までの時間を長くしていくトレーニングになります。
気持ちがいいという脳へ信号をごまかして、無理に我慢することなく性行為の時間をのばしていくやり方です。
スクイーズ法は基本的には一人で行うのではなく、パートナーと一緒になって協力し合って行うトレーニングです。
射精感は膣への挿入直前と直後が非常に高まる瞬間です。
なので膣に挿入したらすぐに抜いてパートナーに亀頭を抑えてもらい、射精感が過ぎ去るまで数秒間を圧迫してもらいます。
そして射精感が過ぎ去ったら再び挿入して、また押さえてということを繰り返します。
最終的にはしっかりと射精してフィニッシュすることが大切ですが、何度も繰り返すうちに自律神経が鍛えられて、射精までの時間をのばしていくことができるのです。
パートナーと一緒にスクイーズ法を行っていくことは、ペニスへの直接の刺激だけでなくコミュニケーションによる刺激も大切です。
ですから毎回膣に挿入をしなくても、パートナーに手でやってもらったりスローセックスのように気持ちが高まることで射精感が盛り上がっていき、そこを抑えてもらうというやり方も有効です。

スクイーズ法のデメリット

スクイーズ法は基本的にはパートナーと二人で行ったほうがいいので、一人ではなかなかうまくトレーニングをすることができないといったデメリットがあります。
自分で手で行う場合は、射精感が高まった時にうまく亀頭を抑えることが難しく、そのまま射精してしまったりしてしまうからです。
1人でスクイーズ法でトレーニングを行う場合は、手で行うよりもオナホールのような道具を利用したほうが効果が期待できます。
手で普通にオナニーをするよりも、オナホールのような道具を使用したほうがより女性の膣に近く疑似体験ができるからです。
ただ道具を用意するお金が必要だったり衛生面などが心配になるといったデメリットがあります。
また無理に行うと、精液が尿道を逆流してしまう逆行性射精になってしまう恐れがあります。
逆行性射精はうまく射精ができなくなってしまう射精障害です。
射精した感覚はあるのに精子が尿道を逆流してしまって外に出なくなってしまいます。
逆行性射精の症状がひどくなってしまうと、不妊症になってしまうこともあるので、スクイーズ法を行うときは、やり過ぎないように注意が必要です。
そしてスクイーズ法は数回行っただけではなかなか効果を実感することができません。
数か月は毎日のように行う必要があるので、パートナーの協力を得るのが難しいのもデメリットといえるでしょう。
自分で早漏を改善したいのであれば、スクイーズ法だけではなくPC筋を鍛えるなどのトレーニングもしていくとよいのではないでしょうか。
無理に我慢をし続けるのも精神的に大変です。
スクイーズ法と一緒にお尻の筋肉を鍛え、ペニスとPC筋を鍛えることで早漏を改善していくことができるでしょう。